健康コラム

「夜食で太る体の仕組み」を解説

食べてすぐ寝ると、太るってホント?

「寝る前に食べると太る」とよく言われますが、ほんとうでしょうか?体質や年齢などにより一概に断定はできませんが、一般論として寝るまでの時間が短いと、身体を動かすことが少ないため、必然的にエネルギーの発散も少なくなり、体内に脂肪が蓄積され「太る」ことになります。

最近になって「寝る前に食べると太る」メカニズムを分子レベルから解明した研究が発表されました。私たちの体内にある「BMAL1(ビーマルワン)」と呼ばれるタンパク質が「太る」に関係している、というものです。ちょっと専門的になりますが、メタボ対策やダイエットにも効果的な話です。

 

「太る」と「BMAL1」との関係。ビーマルワン

BMAL1は、元々体内時計をリセットするタンパク質ですが、体内の脂肪細胞に脂肪をため込む働きがあることが、判ってきました。

ビーマルワンの生成量は人によって異なりますが、ビーマルワンの生成量が多い人ほど脂肪が溜まりやすい、つまり太りやすいということになります。

またビーマルワンの生成量は一日のうちでも時間帯により差があり、もっとも多くつくられる時間帯が、午後10時から午前2時頃とされています。ですからこの時間帯に食事をとると、その結果、脂肪をため込み、太るということに……。

 

夜の食事は、10時までに済ませましょう

ですから、夜、食事を採る場合、脂肪細胞に脂肪をため込む働きがあるビーマルワンの生成量が多い午後10時から午前2時の間を避けるようにしましょう。

またビーマルワンの量は朝日を浴びると、ぐんと減ることが判っています。メタボリックシンドロームの重大な原因である「肥満」を避けるためには、 午前6時前後に起きて朝日を浴び、食事をする、そして夜10時以降の夜食は避けるといった規則正しい生活をするよう心がけましょう。

 

当医院では40才以上を対象としたメタボ検診(特定健診)を実施しています。健康な毎日をおくるためにも、当医院での受診をおすすめします(要予約)。