健康コラム

毎年話題にな「インフルエンザ

今年はコレで攻略

新型を引き起こし、感染が急速に広がるインフルエンザは、毎年、冬の大きな話題の一つになります。特に体力のない高齢者は、命にかかわることもあるので用心が必要です。インフルエンザはなぜ、急速に広がるのでしょう? その予防策や対処法などをみてみましょう。

 

インフルエンザは風邪とは違います

インフルエンザは、インフルエンザウイルスが体内で増えて、38℃以上の高熱などの症状を引き起こす感染症です。高熱のほかに、ひどいだるさ、筋肉痛、関節の痛みなど全身に症状が出る点が普通の風邪と違います。

また普通の風邪は、季節に関係なく起こりますが、インフルエンザは例年11~12月頃に流行し、1~3月頃にピークを迎えます。

さらにインフルエンザは、肺炎やインフルエンザ脳炎などの合併症を起こすこともあります。

ですから市販の風邪薬を飲んでも、インフルエンザに直接は効くわけではありません。

 

図インフルエンザと風邪症候群の違い

 

 

 

A型、B型ってなあに?

インフルエンザウイルスは、主に冬に流行するA型とB型、症状が軽度なC型に分類され、症状や経過が異なります。日本で流行しやすいのは、A型とB型で、A型が12月~2月頃、B型が2月~3月頃に広がります。

しかし、今年のように同時期に流行することもあり、たとえばA型にかかっても、B型に対する抗体(体内で入った病原菌に対抗する物質=抵抗勢力)はできないので、1シーズンにA型、B型にかかることもありえます。

 

高熱・感染しやすいA型インフルエンザ

 

A型インフルエンザは、少し専門的な話になりますが、16種類のたんぱく質「ヘマグルチニン」と9種類のたんぱく質「ノイラミニダーゼ」の組み合わせによって、144種類もの型(亜型)があります。よく知られているのが「A香港型(A/H3N2)」と、2009年に発生した「A/H1N1」型です。

 

症状の特徴

・38℃を超える高熱

・ものが飲み込みにくいなどののどの痛み

・関節痛、筋肉痛

・肺炎、脳炎、脳症の合併症を引き起こすことがある

 

微熱、下痢が特徴のB型インフルエンザ

 

B型インフルエンザは、近年は毎年発生していますが、A型インフルエンザのように、大きな流行を起こすことが少なく、37〜38度程度の発熱や微熱などで、高い熱が出ないこともあります。そのため最初はインフルエンザと気が付かない人が多いようです。A型と比べて、下痢や嘔吐などがひどくなりやすいという特徴があり、体力のない高齢者や幼児の場合、脱水症状を起こす恐れがあるので、油断は禁物です。

 

症状の特徴

・下痢やお腹の痛みを訴える人が多い

・人と人の間でしか感染しない

 

なぜ感染が広がりやすいの?

インフルエンザの感染が急速に広がる理由は、4つほど挙げられます。

 

1. ウイルスの潜伏中も感染力をもつ

 

ウイルスの体内潜伏期間は、わずか1~2日といわれています。その間、多くの感染者は自覚症状がないものの、ウイルスは強い感染力をもちます。

 

2. ウイルスの増殖が速い

 

ウイルスは体内で急速に増え、約8時間で100倍なるといわれています。

 

3. 新型のインフルエンザの登場

 

A型は、毎年小さな変異をして、新型のインフルエンザを引き起こします。そのため多くの人が免疫(体内に入った病原菌に打ち勝つ力)をもっていないので、感染しやすいのです。

 

4. 感染ルートが幅広い

 

インフルエンザは感染している人の咳やくしゃみ、会話中に口から飛び散ったウイルスを吸い込んで感染(飛沫感染)したり、感染者が触れた物や電車のつり革、ドアノブなどに付いたウイルスを触って感染(接触感染)します。感染直後は、本人は自覚症状が少ないため、外出先でウイルスをまき散らすことになります。

 

インフルエンザは3段階で対策

1. ウイルスの潜伏中も感染力をもつ

 

インフルエンザはかかる前の予防が大切です。予防接種によるインフルエンザワクチンが働き、体の免疫ができるまでに2~3週間ほどかかるので、インフルエンザの流行期を考えれば、10月下旬~11月中旬頃には予防接種をするといいでしょう。65歳未満の健康な人の場合、予防接種の有効率は約80%という統計も出ています。

特に65歳以上の方や、そのご家族は、インフルエンザの症状を「重症化しない」、「させない」ためにも、毎年、予防接種を受けましょう。

また外出先から帰ったら、手洗いとうがいを必ず心掛けるようにしましょう。

 

*手洗いの適切な仕方は当コラム「マスクと手洗いで、新型・季節性インフルエンザの予防を」を

 ご参照ください。

 

2. 早めに受診しよう

 

インフルエンザウイルスは増殖のスピードが速いため、症状が急速に進みます。「インフルエンザかな?」と思ったら、なるべく早めに受診しましょう。受診する際は、周りの人に移らないようにマスクを付けて来てください。

家では安静にして体を休め、高熱によって脱水症状が起こらないように、お茶やジュース、スープなどで、十分な水分補給をとるようにします。人ごみや繁華街への外出を控え、学校や職場なども行かないようにしましょう。

 

3. 病院での治療は…

 

インフルエンザの治療法には、抗インフルエンザウイルス薬を使う「原因療法」と、症状を和らげるための薬剤を使う「対症療法」があります。最近は、早めの回復が期待できる薬が開発されました。当医院でも処方して多くの方に喜ばれました。

インフルエンザの予防接種や、インフルエンザにかかったかなと思ったら、まずは当医院にお電話でご相談ください。

バックナンバーを読む

通所リハビリテーションさくらに関するページはこちら