健康コラム

知って安心!要介護者のための在宅介護

支援サービス業&入所施設

 突然、脳梗塞や脳卒中などを起こして要介護認定を受け、今後の生活にお困りではありませんか?最期まで住み慣れた自宅で過ごしたいと思う一方、独居、または高齢者世帯で不安を感じたり、家族だけの介護では限界、家族の介護をしながら仕事は続けたいなど要介護者と家族のニーズは多岐に渡っています。そのサポートとして、最近は多種多様な在宅介護支援サービスが広がっています。当医院の居宅介護支援事業所「さくら」もその一つ。また在宅介護が困難な場合、入所して利用できる施設もさまざまです。今回は、在宅介護サービス業や施設の特徴をみてみましょう。その中で、自分たちの状況に合ったサービスを生かしてください。

 

在宅介護をサポートする事業所

居宅介護支援事業所…ケアマネージャー(介護支援専門員)を置き、要介護者にとって最適な在宅介護支援サービスを受けられるようにケアプランを作成したり、在宅介護支援サービスを提供する事業所との連絡・調整などを行います。

要介護・要支援認定の代理申請や、ケアプランの作成は、全額介護保険でまかなわれるので、自己負担はありません。当居宅介護支援事業所は、電話一本でケアマネージャーがご自宅に伺います。介護について悩まれる前に、ご気軽にご相談ください。

 

居宅サービス事業者…ホームヘルパーの訪問介護(ホームヘルプサービス)、訪問入浴介護、看護師の訪問介護(訪問介護ステーション)、訪問リハビリテーション、通所介護(デイサービス)などを専門で提供する事業者。

 各自治体のホームページや介護サービス事業者ガイドブックなどで事業者リストが紹介されています。

 

小規模多機能型居宅介護…施設への送迎をしてくれる「通い」が中心で、ホームヘルプサービス、デイサービス、ショートステイ(短期間の宿泊)を組み合わせて提供する施設。

原則として利用者は、事業所と同一市町村に居住する人に限定される地域密着型サービスで、登録定員は29名以下、1日に利用できる通所サービスの定員は18名以下、泊まりは9名以下となっています。

メリットは、1カ月あたりの利用料が定額なので、毎月の介護費用が想定しやすい。スタッフや他の利用者と交流が図りやすいなどがあります。

デメリットは、他の居宅介護支援(ケアマネジャー)や訪問介護、訪問入浴介護、デイサービス、デイケア、ショートステイなどが受けられなくなります。例えば契約先の施設でショートステイの定員がいっぱいになったとしても、他でのショートステイは受けられません。

 

在宅介護サービスにはこんなものが……

・訪問介護…ヘルパーが家に来て、要介護者の食事や洗濯、掃除などをする。・訪問入浴介護…介護専用浴槽を家に運び、お風呂に入れる。・訪問看護…看護師や保健師が家に来て、体調を診る。・訪問リハビリテーション…理学療法士や作業療法師が家に来て、リハビリをする。・夜間対応型訪問介護…ヘルパーが夜間、家に来て、要介護者の食事や排せつの手助けをする。・通所介護(デイサービス)…施設に通って、食事、入浴、レクリエーションなどを受けられる。・通所リハビリテーション(デイケア)…施設や医療機関に通って、理学療法士によるリハビリテーションを受けられる。 当医院の通所リハビリテーション「さくら」はその一貫です。ご希望により午前中にお迎えに伺い、個別リハビリーションや趣味、自主トレーニングを行って頂き、午後はグループ活動や個別リハビリーションを行い、ご自宅までお送りします。・ショートステイ…介護施設や医療機関に短い間泊まることができる。  訪 問     通 い 宿 泊

(注)デイケアの主な目的はリハビリテーションで、デイサービスの主な目的は生活支援です。

 

 

入所して介護が受けられる3つの施設

1介護やリハビリが中心の期間限定の施設介護老人保健施設(老人保健施設=老健)

要介護度1以上の65歳以上の高齢者で、病状が安定し、在宅復帰のためのリハビリに重点をおいた介護が必要な方が対象の施設です。

メリット

比較的安い料金で、医学的な管理のもとでの介護や看護、リハビリが受けられる。

デメリット

入所期間は3か月と短く、3か月ごとに退所あるいは入所継続の判定が行われる。

 

2生活介護が中心の終身制施設介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム=特養)

要介護度3以上の65歳以上の高齢者で、日常生活で常に介護が必要で、在宅が困難な方が対象の終身制施設です。

メリット

24時間体制で食事や、入浴、リクレーションなどの介護サービスが受けられる。

入居一時金が不要で、利用料も安価。

デメリット

医療行為に限りがある。

全国的に入居までの待機期間が長く、申し込みをしてもすぐに入居することが難しい。

 

3医療が中心の施設介護療養型医療施設(療養病床)

命の危機状態から脱して、病状は安定しているものの、医療ケアが必要な要介護1以上の65歳以上の齢者が対象の医療施設(病院)施設です。

メリット

痰の吸引、胃ろう、経鼻栄養、酸素吸入といった医療ケアは充実。

デメリット

洗濯や買い物、レクリエーションといった生活サービスはあまり提供されていない。また状態が改善された場合、退所を求められることもある。