健康コラム

「アレルギー性鼻炎」について

近年日本を含む先進国で患者が急増し、今や日本人の2~3割の人が罹患しているともいわれる花粉症。4人家族であれば一人は花粉症ということになりますが、あなたは大丈夫?今回のコラムは現代病とも言えるアレルギー性鼻炎と口腔アレルギー症候群です。

 

「アレルギー」って何?

アレルギーとは、体内に侵入してきた細菌やウイルス(アレルゲンと呼ばれる)を防いだり、排除するために不可欠な免疫反応が、通常は無害な物質に対しても過剰に反応してしまうことをいいます。免疫系の機能不全の1種ですね。

「花粉症」は花粉によって生じるアレルギー疾患の総称で、アレルギー性鼻炎と結膜炎を発症します。

スギやヒノキ、ブタクサやヨモギなどの花粉が体内に入って来た場合、身体は侵入者を有害だと認知し、撃退しようとしてヒスタミンという物質を放出します。その結果鼻がつまり、くしゃみや鼻水がとまらない、目がかゆいなどの過度な症状が発生します。これらの症状は、有害物質を体外に輩出する免疫機能としては適切で有効な反応なのですが、花粉症では本来無害である花粉に対し過剰に働き、過度に反応してしまうのです。

 

アレルギー反応が出る人と出ない人の違いは?

「Aさんは何ともないのに、なんで私だけこんなにひどいのかなー」…人によってアレルギー反応が出る出ない、その違いはなぜでしょう?

花粉症の場合、体内に侵入した花粉に触れると「アレルギー抗体」が作られ、体内に蓄積されていきます。こうして蓄積されたアレルギー抗体が一定以上のレベルを超えると、アレルギー反応を発症するといわれています。アレルギー抗体が体内の“コップ”に蓄積し、一杯になって溢れ出るとともに発症してしまうのです。この体内の“コップ”は個人差が大きく、その大きさによってアレルギーが出る、出ないの違いが生じます。また症状の程度も個人差が大きく、軽い人もいれば重い人もいます。

「去年は平気だったのに、花粉症かもしれない」というあなたは、ちょうどこの体内コップが満杯になったタイミングかもしれません。

 

季節性アレルギー性鼻炎と通年性アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎には、花粉症のように一定の季節に発症する「季節性アレルギー性鼻炎」と「通年性アレルギー性鼻炎」があります。

アレルギー性鼻炎と言えば春から夏にかけてのスギ、ヒノキによる花粉症を連想しますが、1年中という方も少なくありません(下表参照)。

 

        発症時季の割合(複数回答)平成15年保健福祉動向調査の概況(厚生労働省)

季節性アレルギー性鼻炎は、春のスギ、ヒノキ、ハンノキ、夏のカモガヤ、ブタクサ、ヨモギなどをアレルゲンとする花粉症や、カビや昆虫などをアレルゲンとしたものがあります。

通年性アレルギー性鼻炎は、ハウスダスト(ほこりやダニなど)が主な原因とされています。住宅の気密性の向上やペットの家族化などにより、近年増加傾向にあり、特に冬は、室内にハウスダストがこもりやすく、空気も乾燥しているため症状が悪化しやすくなります。気管支喘息やアトピー性皮膚炎などに発展する可能性もあるので、注意が必要です。

 

花粉症の方は要注意!口腔アレルギー症候群

「口腔アレルギー症候群」という病名を聞いたことがありますか?聞き慣れない言葉ですが、花粉症の方は要注意!ある特定のフルーツや野菜、ナッツ類などを食べたときに唇や口の中、喉が痒くなったり、腫れてしびれたり、さらには顔がむくんだり、じんましん、腹痛などの症状を引き起こすアレルギー疾患の一つです。症状が進むと呼吸困難などを生じる場合もあります。

口腔アレルギー症候群は独立した食物アレルギーではなく、花粉症の方に多く発症するアレルギーです。それは、花粉と果物や野菜などに含まれるアレルゲンの構造が類似しているため発症してしまうのです。

原因となる果物や野菜には次のようなものがあります。

 

果物(例:リンゴ、ナシ、サクランボ、モモ、プラム、アプリコット、キーウィ、スイカ、メロン)

 

野菜(例:ニンジン、生のジャガイモ、セロリ、パセリ)

 

ナッツおよび豆類(例:ピーナッツ、大豆、ヘーゼルナッツ、アーモンド、くるみ、カシューナッツなど)

少しでも不安のある方は、食べる前に舌の先に少しだけのせてみましょう、違和感を感じたり、舌先がピリピリするようなら、食べないように注意しましょう。

 

アレルギー性鼻炎は重症化させないことがポイント。花粉症または口腔アレルギー症候群かな、と思ったら我慢せず早めに当院にご相談ください。

 

●アレルギー検査

当院では通年にわたりアレルギー検査を行っています。アレルギーの原因であるアレルゲンを特定するためのこの検査は、アレルギーに対する治療法として適切かつ有効な方法です。ご希望の方はお気軽にお申しつけください。

 

●医院長からのひとこと。私自身、重度の花粉症に長年苦しめられています。そうした経験に基づき、新薬が発表される都度、自身で試すなどして効用を確認し、症状に合わせた最適かつ有効な治療を心がけております。