健康コラム

「居宅介護支援事業所」って何?

居宅介護支援事業所「さくら」についてご紹介します

開設10周年を迎えた「通所リハビリテーション さくら」は、2013年7月、居宅介護支援事業所の指定をうけ、更に充実した介護医療をご提供できることとなりました。

居宅介護支援事業所とは「専門職である介護支援専門員(ケアマネージャー)が常駐している事業所」のことです。ここでは、居宅介護支援事業所の役割についてお話をしましょう。

 

居宅介護支援事業所「さくら」がお役に立てること❶介護認定の申請の代行

介護サービスを利用するには、要介護・要支援の認定が必要です。認定の申請は、ご本人やご家族が市区町村の介護保険課で行いますが、ご本人が行けない、申請の仕方が分からない、ご家族が遠方に住んでいたり時間が取りにくいといった様々な状況がありがちです。そんなとき、ご本人やご家族に代わり、私ども居宅介護支援事業所「さくら」が認定の申請を行います。

 

居宅介護支援事業所「さくら」がお役に立てること❷ケアプランの作成、ケアプランに沿ったサービスの実施

要介護認定の申請が受理された後、最も効果的な介護サービスを的確に実施するために必要となるのが居宅サービス計画書(ケアプラン)です。介護サービスの道程表とも言えるこのケアプランは、利用者本人が作成することもできますが、書類や諸手続きが大変なためケアマネージャーがご自宅に伺い、ご本人の健康状態やご家族の状況、ご希望に応じて作成・管理します。ケアマネージャーはご利用者が適切なサービスを利用できるよう相談に応じたり、入院・入所をご希望の場合は、介護保険施設との連絡・調整など幅広くサポートいたします。

要介護・要支援認定の代理申請や、ケアプランの作成は、全額介護保険でまかなわれるので、自己負担はありません。当居宅介護支援事業所は、電話一本でケアマネージャーがご自宅に伺います。介護について悩まれる前に、ご気軽にご相談ください。

 

 

居宅介護支援事業所「さくら」がお役に立てること❸その他の介護サービス

介護サービスを希望されるご本人の状態に応じ、当居宅介護支援事業所では次のような介護サービスを実施、紹介をいたします。

※要介護区分によっては受けられないサービスもございます。

詳しくは居宅介護支援事業所「さくら」までご連絡ください。